アカウント開設(法人)

アカウント開設(法人)


 

<<重要なお知らせ>>

当社を装った案内のメールを不特定多数の方に対し、お客さま情報を不正に取得しようとするフィッシングメールが送信されております。

このようなメールは弊社とは一切関係ありませんので、万が一受信されても絶対にお客さまの情報を入力されぬよう十分お気をつけください。

以下の内容をよくお読みのうえ、チェックボックスすべてにチェックをいただき、「次へ」ボタンを押してください。

※チェックボックスは4つともチェックが入っていないと次画面へ進みません。

個人のお客さまはこちら
(個人アカウント)

※この「個人情報の取り扱いに関する同意約款」は、お申込者及び会員の個人情報に関する重要事項を記載したものです。

個人情報の取り扱いに関する同意約款

第1条 (個人情報の収集・利用・保有)

(1)Vプリカアカウント開設者及び購入者(以下総じて「会員」という)は、ライフカード株式会社(以下「当社」という)に対し Vプリカアカウント開設時に当社に登録した情報その他の以下に記載の情報について当社が保護措置を講じたうえで 下の各条項(以下「本約款」という)により利用することに同意します。

 1.Vプリカアカウント開設時に登録した会員の氏名、性別、生年月日、居住地、電話番号、メールアドレス(登録後に変更した情報も含む)。

 2.Vプリカの購入日、購入券種、購入金額、支払方法、Vプリカの残高、利用状況等、会員が購入したVプリカに係る取引情報

 3.本契約の申込者が会員に相違ないことを確認するため、申込者から原本の提示または写しの交付を受けた運転
  免許証、健康保険証等の本人確認資料等に記載された、本籍地を含む本人識別情報(以下「本人確認情報」という)、
  もしくは本人特定または所在確認のために当社が窓口に請求し自ら交付を受けた戸籍謄本、住民票等に記載の
  情報。

 4.電話での問い合わせ等により当社が知り得た情報。

 5.官報、電話帳、住宅地図等により公開されている情報。

(2)会員は、会員のVプリカに係る取引判断及び管理業務、会員のVプリカ取引に係る利用店との精算業務、会員とのVプリカ取引に係る連絡、その他のVプリカの取引に係る対応業務のため、(1)1.2.の個人情報を利用することに同意するものとします。
(3)当社が保有する個人情報には、アカウント開設時に会員から取得した情報及びVプリカアカウント登録が解除された後の情報を含むものとし、当社が一定期間利用することに同意します。

第2条 (個人情報の利用・提供)

(1)会員は、当社が下記の目的のために第1条(1)1.2.の個人情報を利用することに同意します。

 1.当社の事業における新商品情報のお知らせ、関連するサービス。
 2.当社の事業における市場調査、商品開発。
 3.当社の事業における宣伝物の送信等の営業案内。

※当社の事業とは、クレジット事業(クレジットカード事業を含む)、融資事業、保証事業、集金代行事業、生命保険の募集、損害保険の代理業、加盟店・提携先企業・その他事業者の営業案内等を当社の営業案内等に封入し送付する事業等です。当社の具体的事業については当社ホームページ(http://www.lifecard.co.jp)でお知らせしております。

(2)会員は、当社が(1)2.の業務を行うにあたり、利用店に対し、第1条(1)1.及び2.の情報を提供することに同意します。

(3)当社が、前条(2)の業務及び本条(1)の業務一部または全部を、当社と個人情報の提供に関する契約を締結した当社の委託先企業に委託する場合に、当社が個人情報の保護措置を講じたうえで、前条(1)1.2.の個人情報を当該委託先企業に提供し当該委託先企業が受託の目的に限って利用することがあります。

第3条 (個人情報の開示・訂正・削除)

(1)申込者及び会員は、当社に対して、個人情報の保護に関する法律に定めるところにより自己に関する個人情報を開示するよう請求することができます。
 1.当社に開示を求める場合には、第5条記載のセンターに連絡してください。開示請求手続き(受付窓口、受付方法、
  必要な書類、手数料等)詳細についてお答えします。また、開示請求手続きにつきましては、当社ホームページ
  (http://www.lifecard.co.jp)でお知らせしております。
(2)万一個人情報の内容が事実でないことが判明した場合には、当社は、速やかに訂正または削除に応じるものとします。

第4条 (同意の取消)

本約款第2条(1)(2)による同意を得た範囲内で当社が当該情報を利用、提供している場合であっても、中止の申し出があった場合は、それ以降の第2条(1)(2)による当社からの宣伝情報等の送信及び利用店への提供を中止する措置をとります。中止の申出に関しましては、第5条記載のセンターに連絡してください。

第5条 (個人情報の取り扱いに関する管理責任者及び問い合わせ等の窓口)

当社では個人情報保護の徹底を推進する管理責任者として個人情報管理責任者を設置しております(個人情報管理責任者役職等の詳細は、当社ホームページ(http://www.lifecard.co.jp)をご覧ください)。
個人情報の開示・訂正・削除についての申込者及び会員の個人情報に関するお問い合わせや利用・提供の中止、その他のご意見の申し出に関しましては、下記のセンターまでお願いします。

カスタマーセンター/横浜市青葉区荏田西1-3-20 〒225-0014
 TEL.045-914-7003(受付窓口/ライフカードインフォメーションセンター)

第6条 (約款の変更)

本約款は法令に定める手続きにより、必要な範囲内で変更できるものとし、同意の取得もしくは適切な方法での通知または公表を行うものとします。

Vプリカ 会員規約

Vプリカ 会員規約

◆第1条 (目的)

1. 本規約はライフカード株式会社(以下「当社」)が発行する「Vプリカ」の会員、及びその利用について定めるものです。
2. 会員は、本規約が適用されることを了承するとともに、本サービスについての「ご案内」「ご利用の注意」、その他の注意事項または関連規定を遵守するものとします。

◆第2条 (Vプリカ)

1. Vプリカとは、当社が発行するインターネット専用Visaプリペイドカードのことをいいます。
2. Vプリカは、当社がカード番号、有効期限、セキュリティコード等を提供し、その情報をもって非対面取引のVisa加盟店で利用することができます。
3. Vプリカは、利用可能残高が0円になった時点でカード番号が無効になる使い切りの商品です。
4. Vプリカを利用するにあたって、Vプリカ専用サイトにアクセスできる環境、ならびに電話認証あるいはSMS認証に対応できる環境が必要となります。
5. Vプリカを利用するにあたって、あらかじめVプリカ専用サイトから会員登録(アカウント開設)を行う必要があります。
6. Vプリカギフトを会員専用ページから登録することでVプリカとして利用可能となり、本規約が適用されることになります。

◆第3条 (用語定義)

1. 本規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるところによります。
(1) 「会員」とは、当社に定められた情報を提供し、当社からログインIDを提供され、会員専用ページへアクセスできる者をいいます。
(2) 「個人アカウント」とは、組織・団体等とは関係なく個人の用途としてVプリカを利用する会員が開設するアカウントのことをいいます。
(3) 「法人専用アカウント」とは、法人・個人事業主の他、任意団体等、組織の用途としてVプリカを利用する会員が開設するアカウントのことをいいます。
(4) 「Vプリカ専用サイト」とは、Vプリカの専用ウェブサイトのことをいい、URLはhttp://vpc.lifecard.co.jpです。
(5) 「会員専用ページ」とは、会員がログインID・パスワードを入力してアクセスできる、会員ごとに提供される情報が異なるVプリカ専用サイト内のページのことをいいます。Vプリカ専用サイト上ではMyページといいます。
(6) 「利用者」とは、Vプリカを保有し、利用する者をいいます。
(7) 「本サービス」とは、Vプリカに関して利用者が当社から受けるサービスのことをいいます。
(8) 「カード番号」とは、利用者がVプリカを利用する際に必要となる16桁の番号をいい、Vプリカ個別に付与されるものをいいます。
(9) 「利用可能残高」とは、現在時点でのVプリカの利用可能金額をいいます。
(10) 「利用明細」とは、Vプリカの利用日、利用先、利用金額等、会員専用ページで閲覧できる情報のことをいいます。
(11) 「セキュリティロック」とは、利用可能残高のあるVプリカを利用者自身が会員専用ページで一時的に利用停止できる機能をいいます。

◆第4条 (Vプリカを利用できる者)

1. 会員登録手続きが完了し、会員となった者がVプリカを利用することができます。
2. 以下のいずれかに該当する者は、Vプリカの利用はできません。
(1) 18歳未満の個人
(2) 反社会的勢力(【反社会的勢力の排除について】第1項各号に定める者)に該当する者
(3) 虚偽の登録情報でアカウント開設をした者
(4) 自己で購入(ポイント交換等対価を伴うケースを含む)していないVプリカを利用する者(Vプリカギフトの登録を除く)
(5) 法人専用アカウント内のVプリカを、商用または社用に係る経費等の決済以外に使用する者
(6) データ通信専用の電話番号など当社からの電話連絡が不能な電話番号が登録状態にある者
3. 前項に該当することが判明した場合、当社はその者が所有するVプリカを利用停止することができ、そのことで損害が生じた場合でも当社は一切の責任を負わないものとします。

◆第5条 (Vプリカの発行)

1. Vプリカの発行は、購入代金の支払い手続き完了後(ポイント交換等の場合、交換完了後)となります。但し、コンビニ店頭端末等で購入したVプリカの場合は、支払い完了時に交付される「発行コード」を、会員専用ページから入力後となります。

◆第6条 (Vプリカの利用等)

1.会員は、会員専用ページにアクセスし、ログインID、パスワード、その他必要な情報を入力し、カード番号、有効期限、セキュリティコード等のカード情報を確認します。その後、利用したいインターネット上のVisa加盟店にアクセスし、決済に必要なカード情報を入力し、Vプリカを利用します。
2. 当社は、会員が最後にVプリカを利用した月から未利用のまま3ヶ月を経過した場合、未利用残高の管理対価として、翌月25日に休眠カード維持費として月額125円(消費税込)をVプリカの残高より引き落とします。当該Vプリカの残高が125円未満の場合は、その残高分を引き落とし、以後引き落としは行いません。

◆第7条 (停止措置)

1. 当社は、当社が次のいずれかに該当すると判断した場合、会員に通知することなく一方的にVプリカの利用を停止できるものとします。当該会員は、会員専用ページへのアクセスができなくなります。なお、利用停止期間を理由にVプリカの有効期限が延長することはありません。
(1) 会員の死亡を確認した場合、または失踪(連絡不能)と判断した場合
(2) 会員が本規約のいずれかに違反した場合
(3) 会員が本サービスの利用に際し必要とされる債務支払いまたは義務の履行を行わなかった場合
(4) 会員が詐欺、その他の不正の手段によりVプリカを取得した場合、またはその可能性がある場合
(5) その他当社が会員として不適当であると判断した場合
2.当社は、前項第3号および第4号の事象が解消したと判断したときは、Vプリカの利用停止を解除するものとします。利用停止を解除するにあたり、当社が運転免許証等の本人確認用書類の提出を求めた場合、会員は提出することにあらかじめ同意するものとします。
3.第1項に基づきVプリカを利用停止した場合においても、当社は、会員に対し、Vプリカの利用可能残高の払い戻しを行わないものとします。Vプリカの利用が停止された後においても、当該Vプリカの保有者は、本規約に基づく義務を履行するものとします。

◆第8条 (会員登録情報の変更)

1. 会員は、本サービスの認証を行う際に使用するログインパスワードを、当社が定める方法に従って変更することができます。
2. 会員は、本サービスの利用にあたって登録した電話番号、メールアドレス等の情報を、任意で変更することができます。ただし、法人専用アカウントの登録情報は当社が認めた場合を除き、変更できません。

◆第9条 (解約)

1. 会員は、当社所定の手続きによりVプリカ会員登録を解約することができます。
2. 会員登録の解約後は、会員専用ページへのアクセスができなくなり、Vプリカの購入、利用可能残高・利用明細の確認等もできなくなります。

◆第10条 (利用できるVisa加盟店および利用できないVisa加盟店)

1. Vプリカは、Visa加盟店のうち、Vプリカのカード番号、有効期限、セキュリティコード等、Vプリカの情報で決済可能な非対面販売の店舗で利用できます。
2. Visa加盟店での利用において、会員はVisa加盟店がVプリカ利用者に対する利用代金請求権を契約会社に譲渡し、さらに契約会社がVisaを通じて当社に譲渡することをあらかじめ承諾するものとします。
3. Vプリカは、以下の各号に定めるVisa加盟店では利用できません。
(1) 対面販売店舗
(2) カードIC情報および磁気情報を読み取る店舗
(3) カード番号をあらかじめ登録すること等により継続的な取引が発生する店舗
(4) 後日カードそのものの提示を求められる可能性がある店舗(航空券・乗車(船)券・チケット等の購入、ホテルの事前予約等)
(5) Vプリカ専用サイトに掲載している店舗
(6) 当社が不適当と定めた店舗
4. 前項の定めに関わらずVプリカを利用したことで発生したトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。
5. 前項の定めに起因し、Vプリカが利用できない場合であっても、当社はVプリカの返品および利用可能残高の返金は一切行いません。

◆第11条 (利用による利用可能残高の加減算)

1. Vプリカの利用およびVプリカへの返金処理等による利用可能残高の減算・加算については、Visa加盟店から提供される情報に基づき行うものとします。
2. Visa加盟店から提供される情報は正確性を保証されているものではなく、利用可能残高の減算・加算の額について、当社は一切の責任を負わないものとし、Vプリカ利用者はあらかじめこれを承諾するものとします。
3. Vプリカの利用情報は、Visa加盟店から適宜提出されることで反映するものであることをVプリカ利用者はあらかじめ理解するものとします。

◆第12条 (加盟店との紛議および返金)

1. Visa加盟店から購入または提供を受けた商品等の瑕疵、欠陥、その他Vプリカ利用者とVisa加盟店との間に生じる取引上の問題について、当社は一切の責任を負わないものとします。
2. Visa加盟店からVプリカの利用に係る返金処理等が行われた場合、返金処理等の対象となった金額は、当社所定の方法で、当該Vプリカの利用可能残高に加算します。
当該Vプリカの有効期限が到来している場合は、当社所定の方法で返金を行うものとします。
3. 返金処理によりVプリカの利用可能額が10万円を超える場合、当該Vプリカの利用による減算後に、利用可能残高が10万円を超えない範囲で再度返金処理を行います。

◆第13条 (海外利用代金の決済レートおよび海外事務取扱手数料)

1. 外貨による決済にVプリカを利用する場合の利用代金は、外貨額をVisaが処理した時点でのVisaが指定するレートに当社所定の海外事務取扱手数料(手数料率2.94%)を加えたレートで円貨に換算します。
2. 前項の海外取扱事務手数料率は、変更される可能性があることをあらかじめ承諾するものとします。

◆第14条 (超過代金の支払い)

1. 会員は、利用可能残高の範囲内でVプリカを利用するものとする。
2. Vプリカの利用時に当社に通知された商品等の代金に相当する金額と後日Visa加盟店から当社に通知された商品等の代金に相当する金額に差異がある場合、当社は後日Visa加盟店から通知された金額を正しいものとして取り扱うこととし、利用可能残高を加算あるいは減算するものとします。
3. Vプリカは、Visa加盟店のシステムインフラ事情等から利用可能残高を超過して利用できる場合があります。利用可能残高を超過した利用代金は、当社が会員に対して請求できることについてあらかじめ承諾したものとします。

◆第15条 (有効期限)

1. Vプリカの有効期限は、Vプリカ発行日から1年を経過した日を含む月の末日となります。VプリカギフトをVプリカアカウントに登録した場合、当該Vプリカギフトの有効期限がVプリカの有効期限となります。
2. Vプリカの有効期限は、会員専用ページ内のカード情報確認ページにアクセスして確認できます。
3. Vプリカは、有効期限が経過した時点で失効となります。
4. Vプリカが有効期限到来により失効した場合、当社は当該Vプリカの利用可能残高の払い戻しは一切行わないものとします。
5. Vプリカの失効により不利益または損害が生じても、当社は一切の責任を負わないものとします。

◆第16条 (情報照会)

1. Vプリカに関する情報は、すべて会員専用ページで照会するものとします。
2. 会員専用ページにアクセスすると、「有効期限」「セキュリティコード」「利用可能残高」「利用明細」の閲覧ができます。
3. 「利用明細」は、当該Vプリカの利用可能残高が0円になった後、または有効期限が経過した後、一定期間経過すると閲覧できなくなります。

◆第17条 (情報管理)

1. 会員は、ログインID、ログインパスワード、カード番号、セキュリティコード、有効期限等の情報を善良なる管理者の注意義務をもって管理するものとします。
2. 会員は、会員に対して発行または認証されたログインID、会員が設定したログインパスワード、その他本サービスの利用にあたって当社より秘密性を有する情報として提供したものと認められるものすべてに関して、第三者に譲渡、売買、担保提供、あるいは利用させる行為をしてはならないものとします。
3. 会員は、会員専用ページに登録されている情報に変更が発生した場合、直ちに当社所定の届出をするものとします。
4. 会員は、ログインID等が第三者に使用されていること、またはその恐れがあることが判明した場合、直ちに当社所定の方法で届出をするものとします。

◆第18条 (盗難・紛失・第三者不正使用時の保障)

1. 購入あるいは入手した発行コード等を表示した媒体の喪失・毀損はすべて会員の自己責任とし、当社は発行コード等の再発行、未使用残高の保障・補てんは行いません。
2. Vプリカにセキュリティロックを設定した状態、かつ会員に重大な過失がない状態で、第三者に不正使用された場合、当社は損害を保障するものとします。
3. 保障期間は、Vプリカの有効期限内とします。
4. 会員は、Vプリカが盗難・紛失にあったことを知ったとき、あるいは第三者に不正使用されたことを知ったとき、直ちにその旨を当社に届け出るとともに、当社所定の届出書を提出するものとします。
5. 会員は、保障を請求する場合、当社が求める書類(運転免許証等の本人確認用書類含む)を提出すること、被害状況等の調査に協力することに同意したものとします。
6. 当社は、被害状況等の調査を終了したときに、遅滞なく損害を保障するものとします。
7. 次の各号いずれかに該当する場合は、保障の対象外とし、その損害は会員が負担するものとします。
(1) 会員の故意または重大な過失によって発生した損害の場合
(2) 会員の家族、同居人、留守人等、会員の関係者が使用した場合
(3) 第三者に貸与または担保提供したVプリカで発生した損害の場合
(4) 当社が求める書類の提出を拒んだり、被害状況等の調査に協力しない場合
(5) アカウント登録情報と保障請求する会員の属性が一致しない場合
(6) VISA認証サービス(3-Dセキュア)対応店舗で発生した損害の場合
ただし、ログインID、ログインパスワードの漏えいに会員の故意または過失がない場合は除く
(7) 会員規約に違反した状態で発生した損害の場合
(8) 戦争、地震等、著しい社会秩序の混乱の際に発生した損害の場合
(9) 会員が当社の指示に従わない場合

◆第19条 (禁止事項)

1. 会員は、理由の如何にかかわらず、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) 当社指定の方法以外の方法により本サービスを利用する行為
(2) 当社または第三者の特許権、商標権、著作権その他の財産的または人格的な権利を侵害し、または侵害する恐れのある行為
(3) 法令または公序良俗に違反する行為
(4) 当社の承諾無く営利目的でVプリカを利用する行為
(5) 本サービスの利用によって取得した情報を営業・営利目的に利用する行為
(6) 当社および当社が提供する本サービスの他の利用者、ならびにその他の者の利益を害する行為
(7) Vプリカの電子情報に係るシステムを損壊、解析または複製する行為
(8) Vプリカ専用サイトの全部または一部の内容を複製、修正、編集、削除その他の改変をする行為
(9) Vプリカ専用サイトの全部または一部の内容を複製、頒布する等、利用者以外の者の閲覧に供する恐れのある行為
(10) 利用者自身や他人のホームページにおけるVプリカ専用サイトの全部または一部の掲載、配布その他の使用
(11) 他人のVプリカを不正に使用する行為、甘言を弄したり、誘惑・誘引してVプリカを第三者より受領する行為、商品・サービス提供の対価としてVプリカを受け取る行為
(12) 保有するVプリカを第三者に利用、貸与、転売、換金、質入等をする行為
(13) 当社およびVプリカに係る権利者の名誉、人格または信用等を毀損する行為もしくは不利益を与える行為
(14) サービスの運営を妨げる行為または誹謗する行為、信用等を毀損する行為
(15) 犯罪行為、または犯罪行為を誘発するあるいは犯罪行為に結びつく恐れのある行為
(16) 他の利用者、その他第三者に損害を与える行為、誹謗・中傷する行為
(17) 当社に損害を与えるあるいは与える恐れのある行為
(18) その他当社が不適当と認めた行為
2. 会員が前項の規定に違反した場合、当社は当該会員に提供する本サービスのすべてを通知することなく一方的に停止することができるものとし、当社は当該会員に対し、当社に生じた一切の損害、損失および費用の賠償、補てんを要求することができるものとし、また会員に生じた一切の損害、損失および費用の賠償、補てんは行いません。

◆第20条 (サービスの停止等)

1. 当社は、次のいずれかに該当する場合、利用者に対し通知し、またはVプリカ専用サイト上での告知を行った上で、サービスのすべてあるいは一部の提供を停止することができるものとします。なお、緊急やむを得ない場合、通知または告知なく、本サービスの提供を停止できるものとします。
(1) システムメンテナンスおよび機能向上のための改修が必要と当社が判断した場合
(2) コンピューターウイルス、不正アクセスまたはネットワークの障害等により、本プログラムの提供が困難となった場合
(3) 火災・停電等により、本サービスの提供が困難となった場合
(4) 地震・洪水・戦争・暴動・労働争議等の不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(5) その他、やむを得ない事情により本プログラムの提供が困難であると当社が判断した場合
2. 前項に基づく本サービスの停止により、会員に損害が生じた場合においても、当社は一切の責任を負わないものとします。

 ◆第21条 (個人情報の取扱い)

1. 当社は、会員が登録した情報、本サービスの利用情報等を個人情報として厳重に管理し、次のいずれかに該当する場合の他は、第三者に提供しないものとします。
(1) あらかじめ、利用者に対して、取得方法、提供する目的、提供する個人情報の項目等を通知し、利用者の同意がある場合
(2) 法令等に基づく場合
(3) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、利用者の同意を得ることが困難である場合
(4) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者の同意を得ることが困難である場合
(5) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
2. 当社は、前項の個人情報を、次に記載する利用目的や顧客に有益と思われる情報提供に利用できるものとします。また、統計資料等に加工して利用できるものとします。
(1) 会員の管理および利用分析・集計のため
(2) 宣伝情報の配信等当社の営業・サービス案内のため
(3) 各種取引の申込み・問合せの確認・照会または連絡・回答のため
(4) 市場調査、商品開発等のため
3. 当社は、利用者の個人情報を預託する場合がありますが、当該個人情報を預託する会社とは機密保持契約を締結し、利用者の個人情報を漏えいしないよう適切な管理を実施します。
4. 利用者は、当社が保有する利用者の個人情報について、開示を請求できます。開示の結果、その情報が誤っている場合には、訂正または削除を請求することができます。
5. 第1項及び第2項の範囲内で利用者の個人情報を利用、提供している場合であっても、中止の申し出があった場合は、それ以降の当社での利用、提供を中止する措置をとります。その際には下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
〒225-0014 横浜市青葉区荏田西1-3-20
ライフカード Vプリカ専用ダイヤル
電話番号 045-279-1515
10:00~17:00 (土曜・日曜・祝日・12/30~1/3日休み)
6. お問い合わせの際に、会員と特定できない場合、運転免許証等の本人確認用書類の提出を求めることができるものとします。
7. 当社は、取得した個人情報については、漏えい、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

◆第22条 (損害賠償)

1. 利用者が本規約に違反したことに起因し当社に損害が生じた場合、利用者は当該損害の賠償義務を負うものとします。
2. 利用者は、Vプリカの利用に際し、他の利用者等の第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用で損害を賠償し、紛争を解決するものとし、当社に一切の迷惑、損害を与えないものとします。

◆第23条 (通知)

1. 当社は、会員に対する通知を、会員専用ページの画面上に表示することによって行うものとし、当該表示を行った時に通知の効果が生じるものとみなします。理由の如何に関わらず利用者が会員専用ページの確認を行わなかった場合でも、通知は有効であるものとみなします。
2. 会員は、登録したメールアドレスを、当社または提携会社等からの重要情報を含む事務連絡メールまたは各種サービス案内やキャンペーン等の通知・情報提供に利用することについて承諾するものとします。ただし、会員は、当社所定の届出をすることにより、事務連絡メール等の必要な通知を除き、メールによる情報提供を停止できるものとします。
3. 当社は、メールアドレスの登録を行った会員に対する通知を、登録メールアドレス宛にメールを送信することによって行うものとし、発信時に通知の効果が生じるものとします。会員がそのメールアドレスの登録または変更の手続きを行わない、または会員の利用するメールシステムの不良等の事情によってメールが到達しなかったとしても、通知は、有効であるものとします。
4. 当社が登録メールアドレスに対して通知や情報提供を行ったことにより、会員、会員とメールアドレスを共有している者、又は第三者に対して損害が発生した場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。
5. 利用者は、メールが適切に受信できるよう、プロバイダー又は自己のメール受信機の設定等を行うものとし、当社が当該メールアドレス宛への諸通知・情報を送信したときを以って、利用者に到達したものとします。

◆第24条 (規約の変更)

1. 当社は、本規約を変更する場合、会員への事前通知または承諾なくして、専用ウェブサイト上に掲示することにより会員に変更内容を告知するものとします。
2. 当社は、前項に基づく本規約の変更内容の告知後、会員が本サービスを利用した時点で、変更内容を承諾したものとみなします。

◆第25条 (業務委託)

利用者は当社が必要と認めた場合、本カードプログラム運営の全部または一部を当社の提携会社に委託することを、あらかじめ承諾するものとします。

◆第26条 (裁判管轄)

本規約に関する一切の訴訟については、東京地方裁判所を、第一審の専属管轄裁判所とします。

◆第27条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

◆第28条 (相談窓口)

1. 購入した商品等についてのお問い合わせ、ご相談はVプリカをご利用されたVisa加盟店にご連絡ください。
2. Vプリカについてのお問い合わせ、当社に対するご相談、ご意見、および苦情については下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
〒225-0014 横浜市青葉区荏田西1-3-20
ライフカード
電話番号 Vプリカ専用ダイヤル045-279-1515
受付時間 10:00~17:00 (土曜・日曜・祝日・12/30~1/3日休み)


【反社会的勢力の排除について】 1. 会員は現在、次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを当社に確約するものとします。
(1) 暴力団(その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的にまたは常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体)。
(2) 暴力団員(暴力団の構成員)。
(3) 暴力団準構成員(暴力団員以外の暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがある者、または暴力団もしくは暴力団員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する者)。
(4) 暴力団関係企業(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業、準構成員もしくは元暴力団員が経営する企業で暴力団に資金提供を行うなど暴力団の維持もしくは運営に積極的に協力しもしくは関与する企業または業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持もしくは運営に協力している企業)。
(5) 総会屋等(総会屋、会社ゴロ等企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民生活の安全に脅威を与える者)。
(6) 社会運動等標ぼうゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し、または標ぼうして、不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民社会の安全に脅威を与える者)。
(7) 特殊知能暴力集団等(前各号に掲げる者以外の、暴力団との関係を背景に、その威力を用い、または暴力団との資金的繋がりを有し、構造的な不正の中核となっている集団または個人)。
(8) その他前各号に準ずる者。
2. 会員は、自らまたは第三者を利用して次のいずれかに該当する行為を行わないことを当社に確約するものとします。
(1) 暴力的な要求行為。
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為。
(3) 当社との取引に関して脅迫的な言動をし、もしくは暴力を用いる行為。
(4) 風説を流布し偽計を用いもしくは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為。
(5) その他前各号に準ずる行為。
3. 会員が1.に該当し、もしくは2.に該当する行為をし、または1.に基づく確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、当社は会員に通知することなく本サービスの利用登録を抹消できるものとします。
4. 3.により会員が本サービスの利用登録を抹消された場合でも、当社は、Vプリカギフトに係る残高の返金を行わないものとします。

2015年7月21日 改定
2016年4月18日 改定

 

個人のお客さまはこちら
(個人アカウント)